高山ホワイト皮膚科クリニック恵比寿|インフォメーション
クロアチア


クロアチアのチョコレートをいただきました。


チョコ.jpg


恥ずかしながらクロアチアに関する知識がほとんどなく、

(紛争のイメージしかなかったのです・・・)

そのためこれまでそんなに興味を持ったこともありませんでした。


しかしです。


旅の写真を見せていただくと

青い青いアドリア海を背景にして

オレンジレンガの家々が建ち並んでいたり、

クロアチア.jpg


石畳の道が続いていたり、

クロアチア 街.jpg


湖の真ん中にお城のような教会が建っていたり、

それはそれは素敵なんです。


食事も日本人の口にとても合うんだそうですよ。


仕事が落ち着いたらいつか必ず行きたいと思いました。


こうやっていろいろな患者様から日々刺激をいただいて

自分の世界や興味がどんどんひろがっていくのは

とっても幸せなことですヽ(^o^)丿♪。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
マナー


ほし.jpg


先日友人とお鮨屋さんに行きました。

秋らしい料理を美味しくいただきながら、上機嫌になっていると・・・

突然ぷ~んと甘ったるいにおいがしてきました。


カウンターしかない狭い店内いっぱいに広がる、強烈なにおいです。

においをたどると、中年の男性と一緒に入ってきた若い女性の香水でした。


おそらく出かける直前に振りかけたのでしょう、

頭が痛くなる程のにおいです(-_-メ)。


お互い忙しい友人と何とか時間を合わせて食事を楽しみに来たのに、

味も何もあったもんじゃありません。


私達は若い女性よりも、男性に対して憤りを感じました。

待ち合わせの瞬間に香水に気付いたはずです。

それなのに若い同伴者に最低限のマナーを教えることもせず、

平気でお鮨に連れてくるなんて!!



香水にはつける量とつけるタイミングがあります。

パルファンは点で、オーデパルファンやオードトワレは線で、オーデコロンは面でつけます。

またつけた直後から30分は「トップノート」といって、ツンとした刺激が鼻につくので

少なくとも出かける30分前にはつけるようにしなければなりません。

食事、特に和食をいただく予定がある場合は香水をつけるべきではないし、

つけるとしてもお店にうかがう数時間前にほんの少量つけておくものです。

これは相手や周りの人に対する最低限のマナーです。


そしてまだ若い女性にこういう当たり前の事を教えるのは、年上の男性の役目です。

ただデレデレしてるだけでは駄目なんですよ!!



お店を出てからもプリプリしている私に向かって、

脳外科医の友人が冷静な一言を放ちました。

「あんたの鼻って低いけど、正常に機能してるんだね」

・・・うん(T_T)。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
W-PRP その3


今回はW-PRP(セルリバイブ・セルリバイブζ)に関してよくいただく質問です。

気になる方は参考にしてみてください。


珍しく字ばっかりですので、気になる方のみで大丈夫ですよ(^o^)丿



治療後メークや洗顔はいつから可能?

  A:治療当日から通常通りのお化粧・洗顔・シャワー浴が可能です。

    入浴は翌日から可能です。


治療後は腫れますか?
  
  A:施術直後から多少の赤みと腫れが生じます。

    腫れは2日~数週間続きます。

    セルリバイブ(New PRP)よりもセルリバイブζ(プレミアムPRP)のほうが
    長く続きます。  
  
    これは皮下での反応がセルリバイブζ(プレミアムPRP)の方が大きく、
    かつ長く起こるためです。



安全性は?

  A:自分自身の血液を使い、しかも培養操作などが不要なため、安全性は高いといえます。

    セルリバイブ療法キットはアメリカFDA、ヨーロッパCEも取得しています。



副作用は?

  A:採血前までは自分の血管に流れていた、本来は創を治す働きのある血小板や白血球を
    精製して少量注入するだけなので、重篤な副作用は報告されていません。

    ただ針を用いる治療ですので、一般的な注入療法と同じく、痛み・腫れ・赤み・灼熱
    感・内出血などの副作用は起こり得ます。



効果はどうですか?

  A:コラーゲン注入やヒアルロン酸注入に比べ即効性はありませんが、1~3か月で皮膚の
    修復が起こり、効果が認められてきます。効果の持続期間には個人差があります。

    ただし、従来のコラーゲンヤ」ヒアルロン酸のようにいずれ吸収されてしまうものでは
    なく、自分自身の皮膚を修復する治療なので、長期間にわたって治療効果が認められま
    す。また、繰り返し治療可能です。



従来のPRP(リジェンACR)と何が違うの?
  
   A:リジェンACR : 血小板  

     セルリバイブ(New PRP) : 血小板+白血球
   
     セルリバイブζ(プレミアムPRP) : 血小板+白血球+成長因子


    上記のようにW-PRPには血小板に加え白血球が含まれています。

    血小板のみを注入しても、そこから出てくる皮膚の再生因子は一時的なもので永続性が
    少ないのですが、白血球を加えることで相互作用により、皮膚組織自体の再生が起こる
    ため、効果も永続的となります。

    このため今までのPRPでは効果が少なかった方や、効果のなかった方に対しても、有効
    な治療が可能となりました。
  
    さらにリジェンACRと比較して、治療に不要な赤血球の混入も最小限となっているため
    注入後に内出血を生じる確率もかなり低くなっています。

    またリジェンACR以外にもさまざまな血小板を用いた治療方法がありますが、それぞれ
    のクリニック独自での血小板の精製方法がとられている場合もあり、そのようなケース
    では基礎データの発表もないため、安全性などの詳細は不明ですし、治療効果に関して
    は比較することすらできません。


 

目がちかちかしますね(^_^;)

読むのが面倒くさい方や、他にも気になることがあるという方はお問い合わせください☆



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する

Copyright © 2008 Takayama white clinic Ebisu. All Rights Reserved.