高山ホワイト皮膚科クリニック恵比寿|インフォメーション
医療用脱毛レーザー



あっ!という間に6月ですね<(_ _)>。



薄着の季節が近づいてきたので、脱毛の患者さまが増えてきました。

7月末まで、過去最大の脱毛キャンペーンを行っていますよ!!

せっかくなので今月のQ&Aは、医療用レーザー脱毛でいきますね。

今日は最も多くいただくご質問にしますね。


レーザー脱毛って痛いの?」です。


答えは

①ノー(^o^)!

②でも部位によってはイエス(T_T)!

です。


①からご説明しましょう。


痛くない秘密は、当院の医療脱毛レーザー:ルミナス社製「ライトシェアHS」にあります。


LightSheerDUET_product2.jpg


その秘密とは・・・ずばり「吸引」です!


ライトシェアHSは、照射時に肌を吸引するんです。

掃除機の「微弱」でスコッと吸われるみたいな感じです。


これがとっても大事なんです。


吸引することで肌が伸展し、メラニン密度が下がります

(メラニンとメラニンの間が広くなります)。
 

すると、肌のメラニンに邪魔されることなく

毛のメラニンのみにエネルギーを集中させることができるので、

今までよりも低いパワーで脱毛することができるようになるんです!(^^)!


さらに・・・


吸引すること自体でも、レーザーの痛みが軽減されるんです。

けがをした時などに痛みを紛らわせるために、

無意識に傷の近くをつねることってありませんか?

あれは痛み刺激を他の痛み刺激で紛らわせているんです。

つまりレーザー照射時に吸引の刺激を同時に与えることで、レーザーの痛みの刺激を感じにくくなるんです。


ここまでをまとめると、

吸引することで低いエネルギーで脱毛が可能になり、ただでさえ痛みが少ないうえに

その痛みすら感じにくい


という訳です。


さすがルミナス社!グッジョブ!素晴らしい機械です。



次は②をご説明いたしますね。


「ライトシェアHS」がいかに優秀な医療用脱毛レーザーかお分かりいただけたと思いますが、

たったひとつだけ弱点があります。

それは、照射面積が大きいことです。

そのため、VラインやIライン、鼻下などの狭い範囲の照射には使用できないんです。

それなので、それらの部位は吸引機能がなく照射面積が小さい、

通常の「ライトシェア」を使用します。

そうすると吸引機能がないぶん、どうしても痛みを感じやすくなってしまいます。。。


ただ身を切られるような痛みではなく、

パチンパチンと輪ゴムで弾かれる程度の痛みですので、

十分我慢できる範囲ですよ。


脱毛をしたいけど、痛みが怖い。。。という方ほど、

ぜひ当院の「ライトシェアHS」を試してみてくださいね!


それでは(^o^)丿。












固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<医療レーザー脱毛のアフターケアは? | 覆われていません! >>

Copyright © 2008 Takayama white clinic Ebisu. All Rights Reserved.